サロンのことを中心にココロとカラダにいいこと、発信します。

先日、現役医師(本なども出されている)による勉強会に参加してきました。

内容のほとんどは私にとっては・・・・??でしたけど

リンパ浮腫についての話題も出たので
ここでちょっと書いてみようと思います。

リンパ浮腫については→過去の日記に書いております。

基本的には私がスクールで習った内容以外の
目新しい情報はありませんでしたが、

リンパ浮腫の予防には、
セルフリンパドレナージがとても大切だということでしたので、
興味深く聞きました。

リンパドレナージ(マッサージ)をして、足を細くしたあと
弾圧のストッキングなどで圧迫して細い状態を維持することが
大事だということでした。

それでも、浮腫(むくみ)が治らなくなってきたら治療が必要なので
医療機関に行くべきだということでした。

一度、リンパ浮腫が発症してしまうと完治がむずかしいので
予防が重要になってきます。

「セルフリンパドレナージをきちんとすること!」
現役の医師が、多くの患者さんを見てきた上でお話されているので
説得力があるな~と思いました。

ちなみにリンパドレナージサロンquolでは
リンパ浮腫(医療機関で治療が必要)になってしまった方には
施術することはできませんが、予防のためのリンパドレナージは行っています


またセルフリンパドレナージのやり方がわからない、
(リンパを流す方向や、圧力のかけ方がわからない)という方のご相談も
お受けいたします。

せっかく医療従事者たち共にと学んだ技術と知識。

必要としている方のお役に立ちたいと思っていますので、
どうぞ、お気軽にご連絡くださいね!



ココロとカラダとキレイをメンテナンス
リンパドレナージサロンquol

営業時間:11:00~20:00(最終受付18時)・不定休
Tel:080-4682-9006
JR南武線 武蔵新城駅より徒歩6分

ご予約・お問い合わせ
メニュー
アクセス

スポンサーサイト
2013.01.29 / Top↑
リンパ浮腫(ふしゅ)について、お話します。

リンパドレナージが美容や健康管理に効果があると、何度か
書かせていただいていますが、

リンパドレナージがヨーロッパで広く利用されている理由に
「リンパ浮腫の治療」ということが挙げられます。


リンパ浮腫には、原因不明(生まれつき)の一次性のものと
明らかな原因のある二次性があり、ほとんどが二次性だということです。

二次性はがん(婦人科がん、乳がん、前立腺がんなど)の手術や
放射線治療により、リンパ節を切除したり、リンパ管が細くなったり、
途切れたりすることでリンパ液の流れが悪くなり、リンパ液が皮下に留まって
しまうことで起きるむくみ。この状態のことを「リンパ浮腫」といいます。

手術等を受けた全員がなるわけではないのですが、術後10年後に発症したという例もあり、日頃から気をつける必要があるようです。

予防にはスキンケア・体重管理・運動・リンパドレナージが不可欠と
言われています。


リンパドレナージは、この「リンパ浮腫」の治療と予防に効果があります。
日本でも、治療に取り入れる施設も増えてきているようです。

私はスクールで医療従事者とともに、新しいリンパの流れ=側副路(そくふくろ)に沿って行う予防のためのリンパドレナージ技術も学んでおります。

quol(クオール)では「治療」目的の方はお受けできませんが
まだリンパ浮腫を発症していない「予防」目的の方のためのコースもご用意しています。


「予防・ケア」のひとつに取りいれてみませんか。




ココロとカラダとキレイをメンテナンス
リンパドレナージサロンquol

営業時間:10:30~20:30 (不定休)
Tel:080-4682-9006
JR南武線 武蔵新城駅より徒歩6分

ご予約・お問い合わせ
メニュー
2012.02.11 / Top↑