サロンのことを中心にココロとカラダにいいこと、発信します。

ここ数日、わけあって整形外科へ電気を当てに行っています。


平日の昼間とあってお年寄り(とくに女性)が多いのですが、

まあ、みなさん見事に足がむくんでるのです!


むくみの原因はさまざまありますが、
この時期でいうと

1、暑いため血流がよくなり、リンパ液の量も増えてリンパ管が回収できずにむくむ。


2、冷房で冷えることで、リンパの流れがさらに遅くなりむくむ。


3、これは季節に関係ないですが、加齢によりリンパ液の流れを促す役目の
  筋肉量が減り、ポンプ機能が弱くなるためむくむ。


おそらく私が見かけたご老人たちは3の理由が大きいと思います。


それなのに、膝下のストッキングを履いて締め付けているものだから
もう!リンパの流れが阻害されて足がパツパツ!


ゴムの跡もくっきりです!


ああ、リンパドレナージをしてあげたい!

という衝動にかられながら
電気を当てる私なのでした。


さて、お客様の中でもむくみケアのために弾性靴下などを
履かれている方もいますが、

膝下よりもできれば腿までの物、
または、ストッキングタイプ(レギンス)の物をおすすめします。

(ちなみにリンパ節を郭清した方は、絶対にストッキングタイプが
良いです!)


理由は先ほど登場したご老人と同じです。

ゴムの締め付けでリンパの流れを止めてしまうから。


どうしても履く場合は、履き口の幅が広く締め付けないものを
選んでくださいね!


お年寄りになって足がパンパンになるのを少しでも
遅らせるため、

適度な運動、
リンパドレナージの習慣を取り入れたいものです。
スポンサーサイト
2017.08.23 / Top↑
お客様のサロンへリンパドレナージを
受けに行ってきました。





私と同じスクールで資格を取られたので
当サロンと同じ医療用のリンパドレナージです。


私が学んだスクールも今では
医療従事者にしか教えていないので、
リンパ浮腫になっていない人が
医療用リンパドレナージを受ける
チャンスはとても少ないのが現実です。


やはり、リラックス効果は大きいです。
今回、終わった後はすごーくけだるい。
リンパが勢いよく流れたのでしょう^_^

寄り道せずに真っ直ぐ帰ることにします😊


たまには自分で経験するのは
とても大切ですね。

はぁ。気持ちよかったです♫
2017.03.14 / Top↑
リンパドレナージの効果、最終回。


これまで何回かに渡ってリンパドレナージの
主な効果について書いてきました。


最終回は"リラクゼーション効果"です。


リンパドレナージはとてもやさしい
タッチで、リンパ管の流れにそって
リンパ液を促す手技。


その、やさしくリズムカルな動きが
リラックス効果を与えます。


副交感神経が、優位になることで、
自律神経の乱れを正常に整える効果が
期待できます。


お疲れがピークに達する年末の今こそ、
ぜひリラクゼーションにいらしていただき
たいですね♫



リンパドレナージサロンquolは
年内は12月28日まで、営業します!
2016.12.17 / Top↑
リンパドレナージにはさまざまな
効果が期待できると言われています。

リンパドレナージの期待できる効果3。
肌のくすみやクマの改善。


老廃物がうまく排出されていないことが
原因で起こるといわれています。


リンパドレナージでリンパの滞りを
スムーズにしてあげると細胞が活性化して
肌質の向上が期待できます。

少し時間をかけてあげると、
たるんだお顔のリフトアップも期待できますよ!


血流をも良くなるせいか、目がぱっちり開いて
見えやすくなるという感想もいただいています。



ぜひ、ボディだけでなくお顔の
ドレナージもご体験くださいね♫
2016.12.13 / Top↑
リンパドレナージで期待できる効果その2.
むくみの改善。

quolでは、一番多くいただくオーダーです。


そして、むくみの改善は一番
実感していただきやすくもあります。



脚、むくみますよね。


ずっと同じ姿勢をしてたり、運動不足や冷え
脂肪でどうしてもリンパが滞って
むくみやすくなるのです。



リンパドレナージはむくみの軽減
が得意です。


もちろん、お顔や腸のむくみにも!


ちなみにquolはリラクゼーションサロン
なのですが、
手術等でリンパ節を郭清することで
おこるリンパ浮腫の治療でも行われている
医療用のリンパドレナージの手技で施術しております。


ご希望の方には施術前に計測することも
可能ですよ。


ただし、術後の方は主治医の許可を
もらった上で御来店くださいね。


次回はリンパドレナージの効果
その3に続きます。
2016.12.09 / Top↑