FC2ブログ

サロンのことを中心にココロとカラダにいいこと、発信します。

リンパ浮腫というのは、がんなどの手術でリンパ節を取られた方や、
放射線によりリンパ管が障害を受け、リンパの流れが悪くなることで
起こる「むくみ」のことです。

健康の方がなる普通の「むくみ」とは全く異なります。

リンパ浮腫は一度発症すると、完治は難しいといわれていて、
放っておくと、象さんの足のようになってしまう症状です。

そうなると、QOL(生活の質)が落ちてしまうのです。

リンパドレナージは、リンパ浮腫の治療に利用されています。

quolでは治療行為は行えないので、すでにリンパ浮腫を発症している方は
お受けできませんが、予防のためのコースは設けています。

先日は、乳がんの手術でリンパ節を取られた方の施術を
させていただきました。

ちなみに、ご本人の承諾を得て、この記事を書いています。

その方は時々、腕に「だるさ」を感じられるそうです。

この「だるさ」で浮腫に気づかれる方が多いようです。

見た目にはむくみは感じられませんでしたが、
触ってみるととても、硬かったです。

ドレナージを進めていくうちに、滞ったリンパが流れたのでしょうか
ずいぶんと柔らかく変化してきました。


ご本人も、腕を回されて軽く、楽になったようだとおっしゃってくださいました。

辛い目にあわれた方の、お役に立てることに、
私もうれしく思うのです。
2012.03.28 / Top↑